[PR]

 エステサロンと同様の機器を自分で使う「セルフエステ」店で、けがや契約に関するトラブルが増えている。価格の安さや施術の手軽さがうたわれる一方、リスクもあるとして、国民生活センターが注意を促している。

 セルフエステは、顔のリフトアップややせる効果がある機器などを店内で使える。最初に店員から機器の使い方について説明を受け、その後は自分で操作する。

 同センターによると、セルフエステに関する相談は2014年4月~昨年末に119件あり、年々増えている。119件のうち、肌が赤く腫れるなどのけがを負ったものは23件だった。

 超音波で肌を傷つけずに体の特…

この記事は有料会員記事です。残り611文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。