[PR]

 首都圏の高校入試は、国公立は5教科、私立は3教科が主流だった。だが、私立男子進学校の巣鴨高校(東京都豊島区)が、来年の2021年度入試から5教科入試を導入することを決めた。中学入試で算数1教科の午後入試を導入して、志願者が伸びた同校。高校入試での5教科の導入に踏み切ったわけは――。

 同校は、中学入試(4回)240人、高校入試(2月10日のみ)約70人を定員に生徒募集をしている。来年度も定員は変えないが、高校入試の日程を2月10日から12日に変更。これまで英語・数学・国語の3教科だった入試教科を、来年は理科・社会も加えた5教科と、3教科のどちらかを選択して受験する方式に変える。試験時間と配点も、国数英は10分延ばし60分各100点、理社は45分各70点にするという。

 同校入試広報部では「すでに3教科で準備している新中3生に配慮し、来年は両方選べるようにするが、状況も見ながら近い将来は5教科に統一することも考えている」としている。

 高校入試は、公立の併願校として受ける生徒も多く、合格を出しても入学者は少ない傾向もある。巣鴨高も、今年の入試では、定員約70人に143人が受験、88人が合格したが、入学者は半分以下だという。大学付属ではない、成城、本郷、豊島岡女子など、中高一貫の進学校の高校募集停止が相次ぐ中で、巣鴨もいずれ停止するのではという声もあった。

 だが、堀内不二夫校長は「すべ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら