[PR]

 通販大手アスクルは25日、新型コロナウイルスの影響で入手が難しくなっている手指の消毒液を医療が必要な子どもに届くよう、各都道府県に向けて出荷した。横浜市の物流倉庫から出荷する様子が公開された。

 経済産業省と厚生労働省の要請を受け、子どもがいる家庭のうち、とくに感染症で命のリスクが高まる子どもがいる家庭に届くよう優先的に出荷した。消毒液約8千本が各都道府県に届き、都道府県の判断で必要な各家庭に配布されるという。

 26日からは、消毒液の確保が難しい小規模な病院や介護施設に計約9万2千本を直接送るという。消毒液は経産省の要請を受けて花王が用意した。同社の担当者は「どうしても消毒液が要る人に一日でも早く届けたい」と話した。