感染急増のスペイン悲鳴 物資不足、スケート場に遺体

有料記事新型コロナウイルス

パリ=疋田多揚
[PR]

 新型コロナウイルスの感染が、スペインで急速に拡大している。25日までの死者数は3434人で、中国を上回りイタリアに次いで世界で2番目となった。医療現場には患者が殺到するが、マスクなどの基本的な医療物資が不足するなど、厳しい状況だ。(パリ=疋田多揚)

マドリード州に集中

 死者の6割が集中するのが、首都のあるマドリード州だ。

 地元メディアによると、マドリード市は、24日から火葬や埋葬を停止した。葬儀が新たな感染源になるのを避けるためだ。葬儀所の職員にも十分なマスクが行き渡っていないという。市内のスケート場が臨時の遺体安置所となり同日、受け入れを始めた。

 介護施設での集団感染も相次…

この記事は有料記事です。残り1069文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]