[PR]

 群馬県渋川市議会は25日、市社会福祉協議会(小沢義孝会長)の役員人事に高木勉市長が不当に介入した疑いがあるとして、地方自治法100条に基づく特別委員会(百条委員会)を設置した。県市町村課によると、県内で過去10年に百条委が設置されたのは2017年の草津町議会に続き2例目。高木市長は取材に対し、「公正な調査をお願いしたい」と語った。

 問題となっているのは、市社協の常務理事(63)をめぐる人事。常務理事は市総務部長を定年退職後、2017年に就任。1期2年で昨年6月に再任された。

 市社協によると、常務理事の任期途中の3月末での辞職を、市長が会長に要請したとの疑惑が内部で浮上。監事による業務監査で3月中旬、市長との間で人事に関する話があったと認定したが、市長からの圧力があったのかの判断は市議会の調査に委ねるとした。

 一方、市社協の評議員も兼ねる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース