【動画】延期が決まった東京五輪。招致から7年の動きを振り返ります
[PR]

 東京五輪の延期発表から一夜明けた25日、国内の競技団体は代表選考をめぐる対応に追われた。

 激動の1日となったのは競泳だ。日本水泳連盟はこの日の夕方から臨時の常務理事会を開き、一度は、代表選考会を兼ねた日本選手権を4月2~7日に行うことを決めた。日本水連の坂元要副会長兼専務理事は「選手たちはこの選考会にピークを持ってきている。選手、コーチの皆さんから選考会を開いて欲しいという要望があった」と語り、五輪本番と同じ東京アクアティクスセンターを会場に無観客で実施する予定だった。

 ところが、決定直後に東京都が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今週末の不要不急の外出自粛を要請。これを受け、実施決定からわずか数時間で大会の中止を発表した。

 柔道は唯一代表が決まっていない男子66キロ級について、4月に福岡市で開催する全日本選抜体重別選手権を最終選考の場にする方針だった。全日本柔道連盟の中里壮也専務理事は「前提が変わってしまった」としつつ、同選手権は予定通りに行う予定。現代表を五輪代表とするか、再選考するかについては「難しい状況」と語った。柔道関係者からは、1年以上の延期なら(全階級で)代表を選び直す必要があるとの声も出ている。中里専務理事は「内定している選手が不安定な状態で長く置かれているのはよくない。なるべく早く方針を示したい」と語った。

 すでに男女計6人の代表が内定…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら