[PR]

 東京五輪・パラリンピックの延期決定から一夜明けた25日、山梨県内では世界が未知のウイルスと闘う現実を受け入れ、最善を尽くそうという声が広がった。今夏を見すえて走ってきた選手や自治体は、いったん立ち止まり、新たなゴールをめざす。

 「時間が経てば経つほど俺はどんどん強くなるしレベルは上がり続ける 今以上にさらに良い仕上がりになるだろう」

 笛吹市出身で、レスリング男子フリー65キロ級代表に内定した山梨学院大の乙黒拓斗選手(21)はツイッターで決意を示した。

 フリー74キロ級代表に内定し…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら