[PR]

 三菱電機が、フィリピン政府が発注する防空レーダーシステム4機の整備事業を落札したことがわかった。安倍政権が条件付きで武器輸出を認める「防衛装備移転三原則」を2014年に策定して以降、日本が初めて輸出する防衛装備の完成品となる。

 自衛隊が導入している防空レーダー「JFPS3」(3機)と「JTPS―P14」(1機)をそれぞれ改良したシステムを落札した。JFPS3は国内の沿岸部の山に設置されていて、戦闘機やミサイルの飛来を感知できる。北朝鮮に対するミサイル防衛などで使われている。JTPS―P14はトラックなどに積んで航空機やヘリコプターの飛来を感知できる。

 関係者によると、フィリピン政府は米国などにも防空レーダーシステムの納入を打診したが、三菱電機が今月上旬に落札通知を受けとった。5月までに正式に受注する予定で、金額は100億円規模とみられる。

 フィリピンが面する南シナ海は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く