拡大する写真・図版雪景色をとらえた作品を持つ久保政行さん=2020年3月8日、鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川、城戸康秀撮影

[PR]

 四方を山に囲まれた鹿児島県薩摩川内市北部の本俣集落で、初めての写真展が開かれている。高齢化が進む20世帯32人の限界集落。通いつめた写真家の作品60点と、住民が持ち寄った思い出の数百枚が並ぶ。土日限定の開催だが、出身者ら400人を超す人たちが山里に足を運び、ふるさとの記憶を胸に刻んでいる。

 写真家は薩摩川内市中郷町に住む久保政行さん(65)。5年前から撮影を続けてきた。父親が本俣出身。中学卒業後、大阪に出て、30代半ばにカメラに出会い、のめり込んだ。職を転々としながら全国を回って腕を磨いた。

 帰郷してからは、鹿児島県内各地でシャッターを切った。写真家として本俣に入った時、「何もない」ところにひかれた。カメラを向けたのは、人々の暮らしだった。洗濯、風呂たき、農作業、餅づくりなど、「集落の人が写真に撮ろうともしない日常に魅力を感じた」。

拡大する写真・図版高齢化が進み、残り少なくなった棚田=2020年3月8日、鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川、城戸康秀撮影

■独居の高齢女…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら