[PR]

 プロ野球・阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)に新型コロナウイルス感染の疑いが出たとして、PCR検査を受けると発表した。プロ野球の選手で感染の疑いが明らかになったのは初めて。兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で同日に予定されていた2軍の練習試合・ソフトバンク戦を中止にした。

 球団によると、藤浪投手は数日前から「匂いを感じない」と訴えて24日、兵庫県内の病院を受診。25日、別の病院を受診し、医師の判断で、PCR検査を受けることになった。発熱や倦怠(けんたい)感などの症状はないという。

専門家チームが助言

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)はJリーグと合同で新型コロナウイルス対策連絡会議を設置し、感染症の専門家チーム(座長=賀来満夫・東北医科薬科大特任教授)から助言を受けている。

 専門家チームが今月12日にまとめた提言では、選手を含めたチーム関係者に陽性反応が出た場合、本人は入院、もしくは自宅療養とし、濃厚接触者も自宅待機となる。その他の選手や関係者は原則、練習や試合など予定通りチームの動きに従い、この時点でチーム全体の活動は停止しない、としている。ただし、検温などの健康チェックをより厳正に実施するよう求めている。