拡大する写真・図版4月9日夜8時から放送されるドラマ「警視庁・捜査一課長2020」から、捜査一課長役の内藤剛志(右)、新人刑事役の三吉彩花

[PR]

 俳優・内藤剛志が刑事役をやりすぎて、どのドラマか見分けがつかない――。近年ツイッター上でこんな投稿が相次いでいる。複数ドラマでの内藤の役写真を並べ、クイズにしたある投稿は、リツイート(共有)数が2万を超え、話題となった。

 特に事件捜査モノが多いテレビ朝日では、20周年を迎えた「科捜研の女」や「警視庁・捜査一課長」を中心に、「内藤刑事」を常にどこかしらで見る状態だ。今年2月には、なんと「頭のてっぺんからつま先まで刑事」の役に内藤が挑んだドラマスペシャル「全身刑事」まで放送され、「全身刑事って何……?」と、再びネットをザワつかせた。

 「内藤さん出演の刑事ドラマは、警察の方にもファンが多い。歩いていると、よく本物の警察官の方に敬礼されるそうです」と話すのは、「科捜研」や「捜査一課長」のゼネラルプロデューサーを務めるテレ朝の関拓也さん。なぜ、多くの刑事役を預ける?

捜査一課長と土門刑事の見分け方

 「本当に大人な方で、包容力が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら