[PR]

ごはんラボ ワカメのサラダ

拡大する写真・図版ワカメのサラダ・合田昌弘撮影

 乾物シリーズでは切り干し大根や干し椎茸(しいたけ)などの「里の乾物」を紹介してきました。最終回は「海の乾物」、ワカメを使ってサラダを作ります。

 海に囲まれた日本では、古くから海藻を生活に採り入れてきました。万葉集にもワカメが登場するほど。1970年代に乾燥カットワカメが発売され、さらに身近な存在になりました。

 開発した理研ビタミン(東京)によると、茶葉をヒントにカール状に乾燥させていて、水に浸すとワカメがゆるゆるとほどけます。浸しすぎるとドロッとしてしまうので、5分ほどしたら水を切りましょう。

 ドレッシングは韓国風に。ワカメに塩気があるので塩は入れず、しょうゆだけ。すりゴマとゴマ油が加わることでコクと風味が出て、毎日でも食べたくなるおいしさです。変色を防ぐため酢は少なめ。韓国料理の研究家から3年間学んだという監修の渡辺あきこさんが編み出した、絶妙のバランスです。(山本奈朱香

ワカメのサラダ

料理監修・渡辺あきこ

【材料(2人前)】

□ カットワカメ 大さじ2

□ サニーレタス 2枚

□ キュウリ 1/4本

□ ミニトマト 4個

〈ドレッシング〉

□ しょうゆ 大さじ1

□ 酢 小さじ1

□ 砂糖 小さじ1/4

□ コショウ 少々

□ サラダ油 大さじ1

□ ゴマ油 小さじ1

□ すり白ごま 小さじ2

【作り方】

①カットワカメはたっぷりの水に浸して置いておく。大さじ2は約4g。5分ほどしたら、戻り具合を確かめる。

拡大する写真・図版左が乾燥状態、右が水戻し後のカットワカメ。10~15倍に膨らむため、大きめのボウルで戻すと良い

拡大する写真・図版水に浸して5分くらい置いたら手で持ち上げてみる。シワが伸び、軟らかくなっていれば戻っている

 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら