広島で被爆後、在日朝鮮人初の被爆者団体となる広島県朝鮮人被爆者協議会を結成し、会長を務めた李実根(リ・シルグン)さんが25日、腎不全で死去した。90歳だった。葬儀は27日午前11時から広島市中区吉島町6の18のサンセルモ玉泉院中央会館で。喪主は長男英一(えいいち)さん。

 在日朝鮮人2世。原爆投下翌日の1945年8月7日、神戸市から郷里の山口県に帰る途中の広島で入市被爆した。75年に同協議会を結成。80年に全国組織の「在日本朝鮮人被爆者連絡協議会」も立ち上げ、会長に就いた。被爆者援護法による援護が届かない北朝鮮の被爆者の救済を訴えた。

 ともに国への要望活動などに取り組んだ広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長(94)は「仲間を失い悲しい。熱い情熱をもって行動するお方だった」とコメントした。