[PR]

 人の世に熱あれ、人間に光あれ――。この一文で有名な、日本初の人権宣言とされる「水平社宣言」。宣言を起草した西光万吉(さいこうまんきち)(1895~1970)が20日、没後50年を迎えた。西光の意思や思想を現在に伝えようと、ゆかりのある和歌山県紀の川市では有志が取り組みを進めている。

 奈良県で生まれた西光は、部落解放運動にかかわり、1922年に水平社宣言を起草。戦時体制の強化などに伴い、奈良県で運動に対する弾圧が厳しくなったため41年、妻の実家があった現在の紀の川市へ移り住んだ。

 戦後の西光は同市を拠点に、部落解放運動だけでなく、平和運動にも取り組むようになった。戦争は最大の人権侵害であるという認識と、水平社が戦争遂行の一部を担ったことに対する反省などが理由だ。

 平和運動で西光が唱えたのは「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら