[PR]

 香川県議会が18日に可決したネット・ゲーム依存症対策条例をめぐり、パブリックコメント(意見公募)の原本を閲覧した竹本敏信県議が、朝日新聞の取材に応じた。パブコメの様式は自由で、意見をもとに条例案を修正するのが目的だが、「賛成の大半は同じ様式だった。パソコンの文字で『賛成』とだけ書かれ、詳しい意見はなかった」と語った。(木下広大)

「名前の欄の配置なども同じ」

 竹本氏はリベラル香川に所属。県議でつくる条例検討委員会の委員として、可決翌日の19日にパブコメの原本を閲覧した。

 竹本氏によると、原本は県議会棟の一室に集められ、議会事務局が賛否ごとにファイルでとじていた。賛成のファイルは2冊ほど、反対は4冊ほどあった。いずれも提出者の名前や住所は黒塗りだった。

 賛成の「7割以上」は、名前の…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら