[PR]

 「復興五輪」の象徴として福島県を出発し、全国を巡る予定だった東京五輪の聖火リレー。新型コロナウイルスの感染拡大で突如、見送られた。スタートするはずだった26日、一部ルートを記者が巡り、いまの福島の姿を感じた。

 26日午前10時。この時間に聖火リレーが全国に向けて出発する予定だったスポーツ施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)の上空は雲に覆われていた。

 出発式典が予定されていた9番ピッチには、五輪マークやトーチを掲げて走るピクトグラムなどが描かれた特設ステージが残っていた。午前中、ヘルメットをかぶった人たちが脚立や台車を運び込み、解体作業が始まった。

 作業を手伝った千葉市の電気工…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら