[PR]

 安倍晋三首相は参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済の冷え込みについて「甚大な影響を及ぼしている」との認識を示した。その上で「このマグニチュードに見合うだけの必要かつ十分な強大な経済財政政策を講じていかなければならない」と強調した。

 首相は「現在は感染拡大の防止の徹底に加え、雇用維持と事業の継続を最優先に全力をあげて取り組んでいる」と説明。近く策定する見通しの経済対策について、「前例にとらわれることなく、一気呵成(かせい)に思い切った措置を講じ、日本経済を再び確かな成長軌道へとV字回復させていきたい」と述べた。自民党の滝沢求氏への答弁。