[PR]

 世界的バイオリニストのアンネ・ゾフィー・ムターさん(56)は26日、自身のフェイスブックで、新型コロナウイルスへの感染を明らかにした。

 ムターさんは自らを動画で撮影し、「自宅にとどまり、快復を待っている」と現状を報告。「(陽性を告げられたときは)大きなショックを受けた」「困難な状況ではあるけれど、私は(まだ)56歳だし、たばこも吸いません」「いずれ陰性の結果が出て、皆様に元気にお会いできることを願っています」などと笑顔で語った。

 ムターさんは13歳で指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンに才能を見いだされてデビュー。世界トップクラスのバイオリニストとして活躍し、ズービン・メータさんや小澤征爾さんとも数多く共演している。大の親日家としても知られ、東日本大震災の被災者支援にも尽力。様々な教育・慈善活動に対して2019年、「音楽のノーベル賞」といわれるポーラー音楽賞(スウェーデン)を受賞。同年、高松宮殿下記念世界文化賞も受賞した。2月下旬に来日し、東京・赤坂のサントリーホールで開かれた演奏会に出演していた。