桜、歌い継がれて1千年 「日本の花」となったのは 

有料記事

山本悠理
[PR]

 世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

 在原業平の時代から千年以上を経てもなお、「桜」は人の心を揺さぶりやまぬ。この妖艶(ようえん)の花は、日本の中でどのように歌い継がれ、そして移ろっていったのだろうか――。

奈良時代は桜より…

 「日本の花」として多くの人…

この記事は有料記事です。残り2058文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!