[PR]

 新型コロナウイルスの感染確認が増え続ける東京都内では、企業や官公庁の時差通勤や在宅勤務の取り組みが進み、27日朝の都心部では、通勤客の姿が大幅に減った。首都圏の知事らは不要不急の外出自粛や都内への移動自粛を呼びかけている。

 平日の朝、普段だと横断歩道の信号待ちでごった返すJR東京駅前(東京都千代田区)の広場付近。午前8時すぎ、横断歩道を歩く通勤客の姿はまばらで、信号待ちする車の数も少なかった。駅前に設けられている東京五輪のカウントダウンクロックは、日付と時刻の表示に切り替わっていた。改札口からの人の流れも、通常よりも間隔が開いていた。

 午前9時前。新宿駅西口(東京都新宿区)から都庁方面へ通勤する人の姿も普段に比べて少なかった。(遠藤啓生、山本裕之)