苦しんだ末、決断した羽生 フィギュア男子の今季終了

有料記事

大西史恭
[PR]

 今季のフィギュアスケート新型コロナウイルスの感染拡大のため、カナダで18日に開幕予定だった世界選手権が中止となり、全日程を終えた。日本スケート連盟が25日に発表した表彰選手のフィギュア部門では、最優秀選手賞にあたるJOC杯に男子の羽生結弦(ANA)が選ばれた。

 羽生にとって、今季ほど苦しんだシーズンはなかったかもしれない。グランプリ(GP)シリーズは第2戦のスケートカナダ、第6戦のNHK杯で連勝し、順調だった。だが、GPファイナルではネーサン・チェン(米)に大差をつけられて2位。フリーでチェンと同じ4回転ジャンプを5本跳ぶ構成にしたものの、ショートプログラム(SP)でのミスが響いた。技と技のつなぎ、曲と調和した完成度に納得していない部分もあった。過密日程に加え、長距離移動の負担。約2週間後の全日本選手権では、シニアになって初めて宇野昌磨トヨタ自動車)に敗れた。

 復調へ、羽生はシーズン中に異例のプログラムの変更を決断した。平昌五輪で連覇を達成した演目に戻したのだ。

 SPの「バラード第1番」…

この記事は有料記事です。残り862文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]