[PR]

拡大する写真・図版校則に関する話が出た佐賀県総合教育会議=2020年3月24日、県庁、福井万穂撮影

 「髪は耳より下で二つ結びか三つ編み」「下着は白か淡色で無地のものを」。こんな校則が佐賀県内の学校にもある。本当にそこまで必要かどうか分からないのに、子どもを必要以上に縛り付けるような「ブラック校則」に関し、県教育委員会はこのほど県立学校に通知を出し、見直しについて話し合うよう指示した。

 校則は校長が定めている。県によると、県内の学校には下着の色や靴下の種類、髪形を指定する校則があった。ほかにも小学校で「ゲームセンターやカラオケボックスは保護者同伴でも不可」、中学校で「通塾は届け出る」「市外に出るときは標準服を着用」「登下校中に買い食いはしない」、高校では「夜間の外出は男子は午後9時まで、女子は日没まで」「みだりに喫茶店、飲食店に立ち入らない」「旅行は事前願い」などと行動を制限しているものがあった。

 県教委は17日に通知を出し、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら