全校児童から「仲間の活躍」集め 21年紹介続けた校長

有料記事

小川崇
[PR]

 全校児童から仲間の良いところを募り、子どもたちに紹介してきた校長先生が31日、退職する。通算21年間、毎日作り続けた学級通信・校長通信は、子ども一人一人に焦点をあてるスタイルを貫いた。

 愛知県岡崎市立常磐南小学校の太田一弘校長(60)が、教員生活最後の通信を学校ホームページに24日付でのせた。新型コロナウイルスによる休校で子どもたちには渡せなかったが、お気に入りの金子みすゞの詩を引用し締めくくった。

 「みんないい、とはみんな大切ということ。それぞれの個性や考え方を尊重する、というのが豊かな社会を築く」

 2017年から同小校長を務…

この記事は有料記事です。残り756文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料