[PR]

 プロ野球阪神は27日、新型コロナウイルス感染の疑いのためPCR検査を受け、陽性が判明した藤浪晋太郎投手(25)のほか、長坂拳弥捕手(25)、伊藤隼太外野手(30)も陽性だったと発表した。3選手は14日にともに食事をしていた。

 球団によると、長坂捕手と伊藤外野手は臭覚や味覚の異常を訴え、26日に病院で受診。PCR検査を受けた。長坂捕手は18日に発熱があり、練習を休んで病院で受診したが、その際は肺炎症状もなく風邪と診断された。19日からの5日間は自宅で療養し、24日から練習に復帰していた。現在は3人とも発熱やせきはなく、長坂捕手だけ臭覚と味覚に少し自覚症状が残っているという。球団は濃厚接触者を調査している。

 チームは26日から1週間の活動休止に入り、兵庫県西宮市の球団事務所などは閉鎖された。