【動画】ヘビとカエルがにらみ合った時の様子を再現した実験=基礎生物学研究所の西海望さん提供
[PR]

 「ヘビににらまれたカエル」とは、恐怖で身がすくんで動けない様子を例えた表現だ。だが、実はカエルが動かないのは、身がすくんでいるのではなく、逃げるための戦略だった。こんな研究結果を京都大の研究チームがまとめた。「通説」を覆すカエルの生き残り戦略とは……。

 研究チームは実験で、シマヘビとトノサマガエルを対面させ、ヘビがかみつく動きと、カエルが跳んで逃げる動きをビデオ撮影して分析した。

 カエルはいったん跳ぶと着地まで空中で進路を変えることができず、ヘビより先に動き出すと動きを読まれて空中で捕まりやすいことがわかった。

 一方、ヘビは獲物を襲う際、折…

この記事は有料会員記事です。残り748文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。