[PR]

(悩みのるつぼ) 相談者

 60代女性です。数年前に亡くなった父の日記のことでご相談します。できれば姜尚中さんにお願いしたいと思います。

 父の遺品を整理していたところ、書棚の奥からひもで束ねた何冊もの大学ノートが出てきました。過去何年にもわたる父の日記でした。実家は処分するため、とりあえず我が家に運びましたが、どのように扱っていいのか思案中です。中は見ずに葬り去ったほうがいいのか、私が読んでもよいものなのか……。

 父は、仕事ではそれなりの役職にも就き、成功したと言えるかもしれませんが、プライベートでは人に言えぬ苦労もしてきたことと思います。母と祖母(父の母)の折り合いが悪く、長年にわたり板挟みになっていましたし、父本人も女性関係でトラブルがありました。子どもである私自身もいろいろと苦労をかけました。

 日記に書かれているであろう、そうした父の内面を私が読むことは許されるのだろうか。父はかつての日記をどのようにしてもらいたいと思っているのか。結論が出ず、日記はそのままになっています。

 母を始め、他の家族は皆亡くなり、今は私一人が残っています。生き残った者は、逝った人の心の中にどのように触れることが許されるのか、心が表されたものをどのように取り扱うべきなのか、アドバイスいただければありがたく存じます。

回答者 政治学者・姜尚中さん

 悩ましいですね。還暦を過ぎ、かつて家族だった人々はすべて亡くなり、ひとり残されたあなたにとって、一緒に過ごした家族との思い出は、今を生きる糧になっていると思います。

 悲喜交々(こもごも)であった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら