[PR]

 JR九州は、将来の人手不足をみすえ、国内初の最新技術を使ったカメラシステムによる設備検査を4月から導入すると発表した。鉄道の検査業務を効率化することで、少ない人員でも安全を最優先できる体制を確保する狙いという。

 新システムは811系の電車に搭載され、「RED(レッド) EYE(アイ)」と命名。門司港―八代、鳥栖―肥前山口、小倉―中津を運行する。

 運転席から前方を撮影し、草木など走行の邪魔になりそうな物を自動判定して色付けするほか、画像やデータを遠隔の事務所で見ることができるようにし、運転席に同乗して検査する回数を半減。見落とし防止の向上にもつながるとしている。

■レッドアイは点検員…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら