[PR]

 北九州市門司区のマスコットキャラクター「じーも」が春休み中の学校を訪れ、その様子をSNSで発信している。新型コロナウイルスのため休みが続く子どもたちに元気になってほしいと、門司の人気者がひと肌脱いだ。

 じーもは1999年に誕生。普段は関門海峡の海中にすみ、イベントに出るなどして地域の魅力発信の一翼を担ってきた。

 だが、新型コロナの感染拡大で、2月下旬から出番はゼロに。不特定多数の人に触れられるおそれがあるため、人目を避けて海中にこもる日々だった。

 そんな中で思いついたのが、大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら