[PR]

 27日の米ニューヨーク株式市場は、米国での新型コロナウイルス感染急拡大への懸念などから、主要企業でつくるダウ工業株平均が大幅反落し、前日比915・39ドル(4・06%)安い2万1636・78ドルで終えた。下げ幅は一時、1000ドルを超える場面があった。

 世界での感染者が50万人を超えて増え続ける中、米国での感染者は中国を抜いて世界最多となった。外出制限や移動規制など感染拡大を防ぐ措置が長期化し、経済の停滞が想定以上に続きそうだとの見方が強まっている。

 2兆ドル(約220兆円)超にのぼる史上最大規模の経済対策が27日に米下院を通過し、トランプ米大統領の署名によって成立した。巨額の財政出動が経済を下支えするとの期待が先行し、ダウ平均は前日までの3日間で計3900ドルを超す急上昇だった。そのため27日の取引では利益確定の売りも出やすかった。

 政府支援への期待から前日まで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら