拡大する写真・図版品薄のため、やっとのことで買うことができた布マスク用の生地とゴム

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校していた学校が、新学期から再開される見通しです。再開を見越して、お子さん向けにマスクの手作りを始めている方もいることでしょう。そんな中、「布マスクはむしろウイルス感染を増やす」という医学論文をSNSで見つけました。一方で「つけないという選択肢はない」と言う専門家もいます。どういうことなのでしょうか。

布とゴム、手に入れたものの……

 学校再開に向けて、文部科学省は指針でマスク装着を求め、「手作りマスク」の作成方法も紹介しています(https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext_00460.html別ウインドウで開きます)。しかし、手に入りにくいのが実情です。

 記者にも小学生の子どもがいますが、自宅には子ども用マスクの在庫がありません。急いでネット通販で布マスク用のガーゼ生地とゴムを注文しました。その後に見つけたのが、この論文です。

 発表されたのは5年前。英国の権威ある医学雑誌「BMJ」に発表されました(https://bmjopen.bmj.com/content/5/4/e006577.short別ウインドウで開きます)。1607人の医療従事者を、医療用マスクをつける人、布マスクをつける人、マスクをつけたり外したりする人にわけ、感染リスクを比べました。すると、布マスクをつけた人がもっとも呼吸器疾患やインフルエンザ症状を示した人が多かった、という内容です。

 この論文をツイッター上で紹介したのが、九州大学大学院の矢原徹一教授(生命科学)です。

 「子どもたちのために布マスクの自作を要請するという国の指針は、適切ではありません」

 矢原さんは、布マスクは織り目が粗いため、飛沫(ひまつ)を防ぐ効果が小さいと指摘します。「自作するなら、キッチンペーパーを使う方がいいでしょう。またマスクの表面を触ると感染源となるので、ひもだけを触るように指導すべきです。それができない子どもには、マスクを勧めない方が良い」。布マスクを繰り返し洗って使う場合、管理が悪いと雑菌がはびこる可能性があり、かえって不衛生になる可能性もあります。

拡大する写真・図版矢原徹一・九州大教授=大西成明氏撮影

 新型コロナウイルスはこれまでのところ、子どもへの感染者数は少ないとされています。子どもたちには、マスクよりも手洗いや「せきエチケット」を徹底する方がよい、と矢原さんは言います。

 布マスクを疑問視する意見は、他の専門家からも聞かれます。

 「マスクの品格」の著書もある聖路加国際大学の大西一成准教授(公衆衛生学)も、「布マスクには、他者からの感染を防ぐ効果はまったく期待できない」と言います。

マスクが果たす三つの役割

 大西さんによると、マスクには三つの役割があります。

 ①ウイルスがフィルター部を通過しない。

 ②手についたウイルスが口や鼻に接触するのを防ぐ。

 ③顔に密着させ、マスクの間からウイルスが侵入するのを防ぐ。

 「布マスクは、②については効果がありますが、①については全く効果がありません」と大西さん。コロナウイルスの直径は0.1マイクロメートル。布マスクを容易に通過してしまいます。

 不織布で手作りしたマスクならどうなのでしょう。「①はクリアできますが、③が難しいです。これは、市販のサージカルマスクでも同じことがいえます」

拡大する写真・図版大西一成・聖路加国際大学准教授=本人提供

 布マスクにキッチンペーパーや不織布などを入れるというアイデアもネット上では広がっていますが、「ペーパーを入れた部分が隙間になってしまう上、空気がフィルターを通りにくくなるため、より隙間から流れるようになり、これも効果は限定的」と言います。

「つけない」という選択肢はない

 では、布マスクにはまったく効果がないのでしょうか。大西さんは「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と言います。

 たとえばせきやくしゃみをした瞬間、ウイルスの何割かはマスクの外に出ますが、大きな飛沫をせきとめてくれる可能性があります。つまり、自分の感染予防ではなく、他人への感染予防につながるアイテムだ、という意味です。また、保湿効果によりマスクに覆われた部分をウイルスの増殖しにくい環境にする、のどの保湿によりウイルスの侵入を防ぐ、などの効果が期待できるそうです。

 「人は、マスクをしているというだけで安心してしまう面がある。マスクをつける意味を考えてもらえればと思います」

 一人の親として、マスクの効用と限界を認識しつつ、学校の再開を前に、正しい布マスクのつけ方と手洗いの方法を子どもに伝えたいと思います。(岡崎明子)

岡崎明子

岡崎明子(おかざき・あきこ) 朝日新聞医療サイト「アピタル」編集長

科学医療部記者。広島支局をふり出しに、科学医療部で長く勤務。おもに医療、医学分野を担当し、生殖医療、がんなどを取材。特別報道部時代は、加計学園獣医学部新設問題の取材で日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞を受賞。オピニオン編集部デスクを経て、2020年4月からアピタル編集長。