[PR]

 国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は28日、同病院の同じ病棟に勤務する女性看護師2人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。病棟には乳がんと血液がんの患者が主に入院していて、新たな入院患者の受け入れを中止した。一方、2人は外来診療している場所に立ち入っておらず、外来とほかの病棟での診療は続ける。

 同病院によると、20代の女性看護師は18日から、30代の女性看護師は21日から、においや味が感じられなくなり、それぞれ職場の近くの医療機関を受診。発熱や呼吸器症状はなく、それぞれ25日と26日まで勤務を続けた。

 嗅覚(きゅうかく)障害がみられ、その後感染が確認されたプロ野球・阪神タイガースの選手のニュースを知り、病院に相談。ウイルス検査を27日に実施し、同日に陽性と確認された。海外渡航歴などはないという。

 今後、2人が勤務していた病棟に入院中または退院した患者61人にウイルス検査をする。現時点で発熱などがみられる人はいない。2人は勤務中はマスクなど通常の感染防止策はしていたという。

 2人と同じ病棟の看護師計20人を、食事を一緒にしていたことなどから濃厚接触者として14日間の自宅待機とする。看護助手4人を含めた看護師24人と、医師、薬剤師ら業務中に接触があった職員の計89人を検査する。患者を含めると検査の対象は、合計で150人となる。