[PR]

 今度は選手が宿題に挑戦――。サッカーJ1ヴィッセル神戸は28日、新型コロナウイルスの影響で外出が制限されている子どもたちや、ファンに向けた企画の第2弾を発表した。「いぶきでチャレンジ」と題したこの企画はサッカーに限らず、選手に挑戦してほしいことをSNSで募り、選手が取り組んだ動画を発信する。

 第1弾では選手がサッカーの技を「宿題」として出し、子どもたちが挑戦する様子の動画を発信した。前回、両足でのリフティング20回という宿題を出した元スペイン代表のイニエスタは「この前は宿題にチャレンジしてくれてありがとう。みんなからの宿題を、僕らがチャレンジします」と企画への参加を呼びかけた。

 サッカーに限らず、けん玉や一輪車、○○の絵を描く、といった特技を4月6日まで募集している。ツイッターやインスタグラムで「#いぶきでチャレンジ」とつけて投稿。選手の挑戦動画の公開は、動画サイト「ユーチューブ」のクラブ公式チャンネルで4月中旬に予定している。