[PR]

 安倍晋三首相は28日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催延期について、「遅くとも来年夏までに開催する。聖火は人類の希望の象徴としてともし続け、来たるべき日に送り出すことにしたい」と述べた。「この聖火こそ今まさに私たちが直面している暗く長いトンネルの出口に人類を導く希望の灯火だ。人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、国民とともに来年のオリンピック・パラリンピックを必ず成功させていきたい」と強調した。