[PR]

 安倍晋三首相は28日夕、首相官邸で開いた記者会見で、自らの要請に基づいて休校している学校の再開に向けて、再び専門家会議の見解を聞く考えを明らかにした。

 首相は「その時々の状況に合わせて考えなければいけない。子供たちの健康、命を預かっており慎重な対応が、特に再開については必要だろう」と話した。政府は20日、春休みに入るまでの学校の一斉臨時休校要請を延長しない方針を決め、文部科学省が24日に再開に向けた指針を出している。首相は「(専門家会議で)議論いただく段階と、いま(の見解)とが同じとは限らない。その段階でご判断をいただきたい」と説明。今後の専門家会議の見解によって、学校再開の判断も変わりうるとの考えを示した。