[PR]

 技術職の自治体職員として働く魅力を発信するプロモーション動画を、静岡市の技術職員と静岡大成高の放送部が共同制作した。高校生らに技術職員に関心を持ってもらい、将来の就職に結びつけることが狙いだ。

 6分の動画に、技術職員が水道管整備や団地の改修現場などで業務に当たる姿などを収めた。映像とともに、勤務条件や福利厚生などを紹介する字幕が流れる。技術職員が育児休暇など、働き方について語る場面もある。

 市は技術職が一般事務職と比べて応募者数が少ないことから、全国高校放送コンテストで毎年入賞している同校放送部にPR番組制作への協力を依頼した。部員らは昨夏から制作に取りかかり、土木や建築、機械などそれぞれの分野を紹介する映像制作を進めていた。

 しかし、部長の川内聖流(せな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら