[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、埼玉県の大野元裕知事は29日午前、県庁で記者会見し、30日からの平日についても、不要不急の用件で東京都内に出かけることを控えるよう県民に呼びかけた。大野知事は「出勤の自粛をお願いするものではないが、時差出勤や在宅勤務を進めるなど工夫してほしい」と述べた。

 都内で28日、1日あたりでは最多となる63人の感染が確認されたことなどを受けた対応という。

 このほかにも、大野知事は数人以上での会食や夜間の外出、歓楽街へ出かけることも避けるよう求めた。冠婚葬祭についても言及し、「県外で葬儀で感染が広がった例が報告されている」として、出席人数を減らすなど感染防止の工夫をするよう求めた。

 大野知事はこの週末、「感染のピークを遅らせるため」などとして、県民に不要不急の外出を控えるよう求めている。(長谷川陽子)