[PR]

 東京や千葉で、新型コロナウイルスの感染者が急増している。病院や福祉施設での集団感染が一因だ。これ以上の拡大を防ぐための対策は急務だが、医師や看護師、介助者にも広がってしまい、「人手が足りない」と現場から悲鳴があがる。

台東区の病院、250人が検査結果待ち

 「外来で受診したけれど、新型コロナウイルスにかかっていないか心配」。永寿総合病院のある東京都台東区の保健所には連日、電話が相次いでいる。

 同病院は、区内で出産できる唯一の病院だ。約400床あり、区内で2番目に大きい病院の3倍近い病床をもつ。

拡大する写真・図版新型コロナウイルス感染者が複数人確認された永寿総合病院=2020年3月25日午後、東京都台東区、田辺拓也撮影

 最初に感染が明らかになったのは24日。内科のある5階の入院患者と医療従事者ら5人だった。その後、別の階の患者でも判明。医師への感染例も出た。感染者の転院も難航し、28日までに判明した感染者計70人のうち60人ほどが院内で治療を受けている。

 病院は25日から外来を中止したが、いまだに会見をしていない。区によると、ウイルスを外部に出さないように気圧を低くした「陰圧室」はすでに埋まり、防護服の着用や手すりの消毒などを進めているが、感染者とそれ以外の入院患者が隣り合った病室にいるケースもあるという。

 感染の拡大をうけて、病院は、PCR検査の対象を約700人にまで拡大。そのうち約250人の結果は、まだわかっていない。検査結果が陰性のスタッフは自宅待機をさせている。保健所の担当者は「スタッフ不足にもなる可能性がある。これ以上、患者が増えたら、同院で受け入れきれるのか」と危機感を募らせる。

■チェック条件に「におい・味」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら