[PR]

 秋田県由利本荘市の外国語指導助手(ALT)の男女が新型コロナウイルスに感染したことが判明した件で、県は29日、濃厚接触者8人のうち5人の陰性を確認し、発表した。また同市教育委員会は、4月6日に予定していた中学校の始業式を9日に、入学式は11日に、それぞれ変更すると発表した。

 27日夜に陽性が判明したALT2人のうち、20代女性が受診した2病院の医療従事者計8人を、県は濃厚接触者としている。うち5人は29日のPCR検査で陰性が確認され、残りの3人は30日に実施予定という。

 陽性の2人が勤務する3小中学校に濃厚接触者はいなかったが、一定の接触が認められた計43人の教職員には2週間の健康観察を実施する。また陽性の2人が14~15日に参加していた交流会には、2人のほかに県内のALT20人がおり、県が健康確認を進めている。

 由利本荘市教委は市内の中学校の始業式を4月6日から9日に、入学式を11日にそれぞれ延期。小学校は、陽性のALTが最後に登校してから2週間以上経過したため延期する必要がないと判断し、予定通り6日に始業式を実施する。(野城千穂)