[PR]

ゴルバチョフはいま②

 冷戦終結宣言からちょうど30年を迎えた昨年12月3日。モスクワ市内にあるゴルバチョフ財団の執務室で、被爆地への思いを聞かれたゴルバチョフ(89)は、身を乗り出してこう答えた。「私の思いはずっと変わらない。これは人々にとっての惨禍だ。どれだけの人々が犠牲になり、どれだけのものが破壊し尽くされたか」

拡大する写真・図版1992年に広島を訪れたゴルバチョフ夫妻

 昨年8月6日の広島平和宣言は、米ソ冷戦期に核軍縮への起点となった中距離核戦力(INF)全廃条約が失効した直後だった。ゴルバチョフと米大統領のレーガンを念頭に、宣言は〈「理性」の発露と対話によって、核軍縮に舵(かじ)を切った勇気ある先輩がいたことを思い起こそう〉と呼びかけた。

 この話題から被爆地再訪に水を向けると、ゴルバチョフは「今はどこにも行けない」と歩行器の方を指さし、「ほら、あれが今の私のスプートニクだ」と笑いを誘った。スプートニクには「衛星」と「同伴者」の意味がある。それでも、日本への思いは強かった。「日本は核兵器とは何かを体験した初めての国だ。日本の役割、日本の言葉は重い」と。

「チェルノブイリあったから…」

 ソ連国内で政権運営に苦しんで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら