[PR]

 「命の選別をせざるをえない状況に追い込まれている」――。新型コロナウイルスの感染が広がる米ニューヨーク市で、患者の対応に当たっている日本人医師のコルビン麻衣さん(36)が29日、朝日新聞の電話取材に応じた。「医療崩壊」と言われるニューヨークの医療現場でいま、なにが起きているのか。

ICUの態勢、変えるしか

 私が勤めるニューヨーク・ブロンクスにある大学病院(病床約730)で初めて患者が確認されたのは、3月11日のことでした。それからわずか1週間後には1日100人、2週間後には1日200人以上の患者が、検査で陽性と診断されました。

 この間、医師や看護師は休みなく働き、中には不運にも感染してしまった職員もいます。現在は1日12時間半、ICU(集中治療室)にいる12人の新型ウイルス患者を診ています。通常であれば心臓外科系の患者が入る部屋ですが、まったく違う態勢になっています。

 ニューヨーク市で初めて感染者が確認されたのは、3月1日。それから急増し、29日夕時点で3万3千人を超えた。死者も776人に上り、米国における感染拡大の「中心地」となっている。患者数の増加が収まる気配はなく、ピークは2~3週間後になると言われている。

 中国やイタリアの状況を見聞きして、「大変なことになる」と覚悟はしていました。病院では、4カ所に分かれているICUのうち、2カ所を新型ウイルス患者専用にしようと話し合っていました。でも、実際に患者が出始めると、想像をはるかに超えてしまいました。いまやICUは全て新型ウイルスの患者専用となり、さらに三つの別の病室をICUにしました。ミーティングルームでさえ、病室として使用しています。

「長い戦い」わかっているけど…

 新型ウイルス以外の患者はなるべく退院してもらいましたが、それでも満床状態が続いています。現在、原則として新型ウイルス患者以外は新たに受け付けをしていません。また、当初は症状の軽い人も検査をしていましたが、いまではそんな余裕がありません。「微熱が出たので調べて」という依頼に応じることはできない段階にきています。病院の電話も、なかなかつながらないと聞いています。

ニューヨーク州のクオモ知事は、ピーク時に14万床必要になる病床が5万3千床しかない、と危機感を募らせている。州内では現在、計八つの仮設病院の建設が急ピッチで進められている。

 「長い戦いになる」と分かっていますが、精神的にはきついものがあります。現場はいま、「医療崩壊」状態です。

 息つく暇なく、次から次へと経…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら