第4回記者殺害にひるまず権力監視 生みの親はゴルバチョフ

有料会員記事

副島英樹
[PR]

ゴルバチョフはいま④

 〈彼は戦争を止めた。彼は核の恐怖から世界を救った。3月2日、彼は89歳を迎える。ゴルバチョフにはがきを送ろう〉

 ロシアのリベラル紙「ノーバヤ・ガゼータ」は2月、紙面やツイッターで読者にそう呼びかけた。ゴルバチョフと親しい同紙編集長ドミトリー・ムラトフ(58)と、リベラル系ラジオ局「モスクワのこだま」の編集長アレクセイ・ベネディクトフ(64)が発案した。

 同紙は誕生日当日、一般市民からのメッセージをネットでも一部紹介し、その末尾にこう記した。

 〈ジャーナリズムが公正で勇…

この記事は有料会員記事です。残り1081文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら