拡大する写真・図版ブラジル・リオデジャネイロのファベーラ、コンプレクソ・ド・アレマンの25日ごろの様子。ボルソナーロ氏の呼びかけの前は、通行人はほとんどいなかったという=マリルセ・マリアさん提供

[PR]

 金持ちが持ち込んだ病気で貧者が殺される――。新型コロナウイルスの感染拡大が勢いを増すブラジルで、こんな批判が起きている。州知事らは感染拡大を防ぐため、外出禁止や商業活動の停止を要請したが、こうした規制は正規の雇用契約なしで働く貧困層を直撃している。

 「雇い主に家に入るなと言われ、仕事がなくなった。私だけではない。ここで暮らす多くの人が同じ目にあっている」。サンパウロのスラム街「ファベーラ」の一つ、エリオポリスに暮らす家政婦のフェルナンダ・ソウザさん(37)は、電話越しに話した。

 新型コロナウイルスの感染が広がり、公立学校の23日からの閉鎖を宣言していたサンパウロ州のドリア知事は、24日から2週間は外出自粛やショッピングセンター、ジムなどの営業停止などを要請。渋滞が日常のサンパウロは現在、車は数えるほどで、歩く人もわずかだ。

 影響をもろに受けたのがファベーラに暮らす人々だ。正規の契約書もなく、日払いの家政婦や掃除人として働いたり、路上で物売りなどをしたりして暮らす人が多い。「地区では収入を絶たれ、食うに困る人も増えてきている」とソウザさんは語る。

 ブラジルで最初の感染が確認さ…

この記事は有料会員記事です。残り1338文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!