鉄道好きなら「架線」にも注目 愛知最古の武豊線の進化

有料記事

初見翔
[PR]

 愛知県知多半島を走る同県最古の鉄道、JR武豊線が電化されて3月で5年。通勤・通学時間帯の本数が増えて便利になり、利用者も伸びている。その裏で、安全運行を支える架線の技術も進歩しているのはあまり知られていない。たまには電車の上を見上げてみませんか。

 大府駅と武豊駅の中間に位置する亀崎駅(同県半田市)。「現役として日本最古」と言われる木造駅舎で有名なこの駅前で、70年以上続く売店を営む男性(78)は振り返る。

 「昔はディーゼルエンジンの音で店の中にいても列車が来たのがわかった。いまは静か。電化は20年、30年来の地元の夢だったが、5年たってみんな当たり前のように思っているかもしれない」

 2015年3月の電化で、大府駅で接続する東海道線と車両を一体的に運用できるようになり、名古屋への直通列車が増えた。沿線住民も増え、1日あたりの乗車人数は電化前と比べて1割近く増えている。

 JR東海が電化に投じた費用…

この記事は有料記事です。残り749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント