[PR]

追跡メイドインジャパン和牛編 プロローグ

【プロローグ】功労者か、それとも…

 米国で、豪州で、南アフリカで。欧州ドイツで、南米チリで。さらにはアジアのタイや中国でも……。

 いま世界各地で、「Wagyu(和牛)」と称する食用牛が育てられ、市場に出回っている。

 とろけるように柔らかい肉質で、日本食材の最高級品とみなされている「和牛」。

 和牛の生体や精子、受精卵などの「遺伝資源」は、これまで国内で大切に守られてきた。政府も輸出規制に乗り出そうとしている。

 それがなぜ世界中で育てられているのか――。

拡大する写真・図版牧場で飼育されている和牛

 一昨年、米国で北海道の畜産農家である男性が「近代の食の歴史上において、これに匹敵する功績はない」と表彰されていた。

 男性は1990年代、他の業者の猛反対を押し切って、100頭を超す和牛を米国へ輸出した。いま世界で育てられている和牛の多くは、この男性が輸出した牛の遺伝子を持つという。彼によって和牛は世界で広く認知され、現在のブームにつながったとも言える。

 彼は、世界に和牛のおいしさを広め、グルメたちを満足させた功労者なのか。それとも業界にあらがい、「国の宝」を流出させた反逆者なのか――。

 畜産農家の男性本人が、私たちの取材に口を開いた。

 「日本製」とは何かを問う「追跡メイド・イン・ジャパン」。今回は世界に広がる和牛を追った。