【第3章前編】ミスターWagyuとの面会
[PR]

追跡メイドインジャパン和牛編 第3章

 自国産の「Wagyu(和牛)」を世界に広げたオーストラリア。

 自国産の「Wagyu」をどのように世界に売り込み、ブームにしたのか。なぜ、牛肉だけでなく遺伝資源まで世界に広めるのか。

 同国には、「ミスターWagyu」として世界に知られる畜産農家がいるという。その人物に会いたい――。

 3月初旬、豪州に飛んだ。

 シドニーを経由して空路でメルボルンへ。さらに北東に130キロ、車で約2時間かけて着いたのがアレクサンドラという町だ。

 この町を中心に、ミスターWagyuことデビッド・ブラックモア(69)が運営する約3200ヘクタール(東京ドーム約700個分)の牧場が広がる。

 放牧されている純粋種のWagyuは約4千頭。生涯の多くを牛舎で過ごす日本とは違い、緑広がる牧場で伸び伸びと暮らしていた。

■wagyuの遺伝子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら