[PR]

 自民党の石破茂元幹事長は30日の講演で、新型コロナウイルス対策で今後、緊急事態宣言が出される可能性を念頭に「何のために行うのか、どういう状況になれば終わるのか、それで生じた損害をどう補塡(ほてん)していくか、国民が納得する、より誠実な政府の姿勢が求められている」と政府に注文を付けた。

 これまでの対応については、「中国からの入国はもっと早く止めるべきだった。(クルーズ船)ダイヤモンド・プリンセス号の乗客に公共交通機関でお帰りくださいという対応は極めてまずかった」と指摘。学校休校の判断は「批判もあるが、結果として正しかった。より丁寧な発信の仕方があった。与党の一員として反省している」と述べた。