[PR]

 自民党の河井案里参院議員(広島選挙区)が30日、体調不良を理由に参院本会議への欠席届を同党事務局に提出した。同党の末松信介参院国対委員長は記者団に対し、案里氏の夫・克行前法相から電話で、案里氏が発熱したと伝えられたことを明らかにした。

 案里氏は昨年夏の参院選で初当選した。その際の選挙活動をめぐり、公設秘書らが公職選挙法違反(買収)罪で広島地検に起訴されている。案里氏が公の場に姿を見せる機会は減っており、2020年度予算が成立した27日の参院本会議も、体調不良を理由に欠席していた。

 末松氏によると、克行氏は案里氏について「37度を大きく超える熱がある」と説明し、「しばらくは国会に登院できない」と語ったという。参院幹部によると、案里氏は28日、体調不良を訴えて、東京都内の病院を受診したという。(鬼原民幸)