[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、上場企業135社が業績を下方修正し、売上高、純利益がそれぞれ1兆円以上ずつ減ることが、東京商工リサーチの調べでわかった。影響を精査中の企業も多く、日本経済の落ち込みは底が見えない状況となっている。

 同社によると、全上場企業の約2割の765社が27日正午までに新型コロナに関する情報を開示。うち135社(約18%)が下方修正を公表し、減少額は売上高計1兆1944億円、純利益計1兆1177億円だった。純利益が大きく減った企業は、原油価格の下落が響いた石油元売り最大手のJXTGホールディングス(4550億円減)、大手商社の丸紅(3900億円減)などだった。

 292社(約38%)は、新型…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら