[PR]

 サッカーのJ1ヴィッセル神戸は30日、DF酒井高徳選手(29)に、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たと発表した。Jリーグ選手の陽性が明らかになったのは初めて。

 クラブによると、25日の夜中に38度の発熱があったという。26日の練習は休み、兵庫県内の病院で「急性上気道炎」と診断された。27日にはいったん37・3度に下がったが、夜に再び38度まで上昇。翌28日ににおいを感じないなどの症状が出たため、同日午後に兵庫県内の病院でPCR検査を受け、30日夕に陽性判定が出たという。

 酒井選手はクラブを通じて「予防についてはプロフェッショナルとして自覚し、人数の多い場所に行かない、消毒や手洗いに気をつかって生活していた。大変情けなく思う」とした。そのうえで「今、言えることはコロナウイルスはどこに潜んでいるかわからない。自分以外の人も感染しないことを心から願っています」とコメントした。

 三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)は酒井選手と電話で会話をしたといい、「平熱には戻っているが、嗅覚(きゅうかく)や味覚を感じないといった症状は改善されていない」と現状を明かした。

 現在のところ、クラブでは酒井選手以外に新型コロナウイルス感染症の症状が出ている選手やスタッフはいないという。

 酒井選手は、ワールドカップでは2014年ブラジル、18年ロシアの両大会の日本代表。ドイツのハンブルガーSVから、19年夏に神戸に加入した。

感染経路の特定には至らず

 プロ野球に続いて、Jリーグでも新型コロナウイルスの感染者が出た。30日に陽性と診断された酒井高徳が所属するJ1神戸は同日夜、インターネットを通じた記者会見を開いた。

 クラブによると、酒井が発熱した25日以前2週間の行動記録や、接触があった人のリストを保健所へすでに提出しているという。ただ、感染経路の特定には至っておらず、「濃厚接触者」にあたる人がどの程度いるかについても保健所の判断を待っているという。練習拠点のいぶきの森球技場(神戸市)を閉鎖し、関係施設の消毒作業をする。2月下旬のリーグ戦中断以降、他クラブと練習試合をしていたことも明かしたうえで、相手クラブに状況を報告したという。

 神戸は27日~4月6日を休み…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら