拡大する写真・図版谷政憲社長=上田潤撮影

[PR]

 全国で閉店が相次ぐ百貨店業界は、特に地方で苦戦が目立ち、「百貨店ゼロ県」も出始めた。そんななか、津市の老舗百貨店「津松菱」は生き残りをかけ、業界では珍しいある取り組みも進めている。16年ぶりに創業家出身としてトップに就いた谷政憲社長に「第2の創業」にかける狙いを聞いた。(石塚大樹)

 ――昨年、創業家出身として16年ぶりに社長に就きました。

 「1993年の売り場増設工事で負債を抱え、バブル崩壊後は売り上げ不振で赤字が続きました。2003年に谷家は経営から離れました。その後は食品や化粧品を強化し経営を立て直してきた結果、12年連続で黒字を確保しています」

拡大する写真・図版市内でただ一つの百貨店の津松菱=津市東丸之内

 「地方百貨店の閉店が続く今、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら